甘利大臣辞任劇

引き続きですが、あのような文章を読み上げるだけで、責任は全て秘書のせいにしてなおかつ、その監督責任は自分にあるという格好をつけて大臣を辞めた。内容に説得力は到底感じられないし、また今後、URや千葉の業者との関係についてさらに解明されなければなりません。何故100万円しか記載しなかったのか、この事実経過も分かりませんね。保証金が2億3千万円であったことについても、適正価格なのか否かきっちり調べる必要がありますし、この中に裏献金が含まれていないか否かもきっちり調査すべきでしょう。何より渦中にある秘書とやらの参考人招致は当然です。