マイナス長期金利

な、なんと10年物国債の利回りは、一時的にしろマイナスとなりました。これは先日、日銀が民間銀行から預かる当座預金の一部をマイナス金利にすることを決めたことが大きな要因です。かつて前例のないことが金融市場で起こっており、大きく株価や為替にも影響をもたらしております。もう既に日銀頼みの景気浮揚が限界に達しているのではないかという見方がされる中、私たちが注目しなければならないのは、世界経済の動向でありそして我が国の持続的成長に資する、技術革新や高付加価値産業へのシフトでありましょう。この点を踏まえなければ、益々現実とかい離した金融政策になります。