宮崎代議士辞任

本人のとりましては晴天の霹靂だったでしょう。まさか議員辞職にまで発展するとは、ついこの間までは想像もしなかったのですから。それだけ、今回の不始末は取り返しのつかない重たいこととなってしまったのです。もちろん、奥さんにも生まれたてのお子さんに対しても。そして育児休暇を無理して取っている男性諸氏に対してもですね。