民主との合流協議

いよいよ佳境に入ってきた民主党との協議。煮え切らない岡田代表に対して、いろいろ圧力をかけている等と新聞では書きたてられてきたが、実情はそうではない。むしろ前向きで何とかこの実を取りたがっているというのが本音のところであろう。ただ、党内とりわけ地方組織を抱えた中で丁寧に手順を踏まえていくと、そう話は簡単ではない。合流しても何も変わらないという揶揄される向きもあるようだが、それではバラバラで力が発揮できるかといえば、それも否である。要は民主党という何も決まらない組織体制のあり方が問われているのであって、もちろん一緒になっても同じような体質を引きずっていけば国民から見放されていくということだ。