総理との対面

何も口角泡を飛ばして相手をやりこめることだけが国会ではない。本日の総務委員会、予算委員会でやり合ってから1ヶ月半ぶりに、再び安倍総理と会いまみれることとなった。前回でもいろいろな理屈を持ち出して、地方も潤っているというので、いやそれは違うし東京だけの一人勝ちに拍車が掛かっているだけという反論を加えていた。本日はさらに磨きをかけ、いろいろなデータを持ち寄って示したが、相手も未だ提示されていないような推測値を持ち出して今後こうなるなんていう不確かなことに言及してきた。いずれ時間が解決することになろう。