辺野古訴訟和解

国と沖縄県を巡って泥沼化した普天間基地の辺野古移転について、とりあえず和解して工事を中止することとなった。県民感情からして、何となく安ど感が漂っているようだが、しかし国も移転を止めることとはしていない。そもそも鳩山政権下において、最低でも県外だと言ったことから火を噴いて今日に至っていることは事実である。何と無責任なことを言ったアホ総理と、すこぶる悪評が飛び交っている。つい最近その発言の趣旨は、我が国自衛隊がしっかり沖縄を日本を守るための一里塚にしようとの決意の下で、国外移設を検討していたとされている。現実的か否かについて、この思惑を後世の歴史はどう位置付けるのか。