アルファ囲碁

ここまできたのか、と思わせる対局が5回に亘って繰り広げられました。そう、グーグル社が開発した人工知能による、世界トップ級である碁士との対局。結果的に4勝1敗で幕を閉じましたが、実力は伯仲、しかし集中力と心理面で負けたとあります。4戦目は一矢報いた形で人間が勝った際には、機械の弱点も垣間見えました。ところで映画でもあるような、人工知能が人間をコントロールすることなんて考えただけでおぞましいので、是非節度・限度を設けて味のある人間社会の維持発展に努めてもらいたいものです。