防災とアスベスト

今まさに熊本地震で、人命救助や震災復興が待ったなしの状況において、アスベスト対策をテーマとして委員会で取り上げました。これは東日本大震災時においても指摘されたことですが、3次被害というものでしょうか、知らず知らずのうちに倒壊した家屋に近寄って、そこにおいて飛散しているアスベストを吸い込んでしまう危険性のことです。災害予防の観点からこの問題は事前の対策としてしっかり講じていかねばなりません。だから防災計画に盛り込む必要性を唱えたのです。