あれから1ヶ月

言わずもがな、熊本地震から早1ヶ月が経過しました。大変微力とは承知の上で、継続して募金活動を通じて多くの通行人に対して、啓発活動も兼ねておこなっているところです。徐々にお金も集まりにくくなってきましたね。これはある意味やむを得ないことでしょうが、しかし被災現場の惨状は決して解決できているものではなく、継続的な支援と私たちの意識向上が必要となります。阿蘇市を訪問していろいろ被災者から聞いた悲痛の叫びを風化させないよう、これからも努力を傾注していきたいと思います。