国土交通委員会視察

テレビやネットを通じて見ていましたが、実際目の当たりにすると、やはりこれほど被害が痛々しいことに改めて驚かされました。道路と橋の崩壊現場、熊本城の惨状、益城町の家屋の倒壊等、目を覆いたくなるような現場ばかりでした。仮設住宅建設現場はじめテント村にも立ち寄って、被災された方々の生活の様子も若干垣間見ることも出来ましたが、やはり決して他人事ではない、必ず身に降りかかってくることもあり得る、恐怖心もひしひしと湧いてきました。継続的な支援と風化させない努力が肝要です。