消費増税先送り

サミットの場を利用してリーマンショックの文字を出してきた直後、やはり消費税増税にマッタを掛けました。今まで首相自身が言ってきたことの整合性はどう言い訳をもって取り繕っていくのか。それをマスコミはじめ、世論はどう見るのかが問われてきます。わざわざ経済条項をあの時点ではずして、そして絶対に上げることを宣言しておりました。しかし選挙前になると、やはりトーンダウン。それも民進党が2年間先送り法案を提示してきたので、それを半年間上乗せして2019年9月までは凍結するというものです。まあ、姑息な手段で選挙に勝つことしか考えない、日本の将来、次の世代のことなんてどうでも良いのでしょうか。