解散総選挙回避

週末の政治番組はこぞって、何故首相は解散をしなかったのか、という問いに対するコメントを述べていた。その次は、それではいつ解散総選挙に打って出るのか、というお暇な議論が交わされていた。もちろん権力者の意図を感じ取るのは容易ではない、しかし有利な時に権利を行使することは誰だってそうだろう。もし自分がその立場にあるならば、乾坤一擲の時期に行うのは当然だ。それが何時やってくるかに尽きる。本当に国民の信を問う必要があるとき、総裁任期が切れるまでに、来るのであろうか。