金融緩和

今週行われる日銀の政策決定会議にて、また金融緩和が最大の焦点となりそうだ。柳の下にドジョウがいるかを巡って模索するのであろうが、もうそんな金融政策で物価を押し上げようなんて、化けの皮が剥がれてしまっているではないか。そもそも金融政策なるものは、循環的な不況の際に繰り出すべきものであり、停滞感があるといって実地すべきではない。ましてや財政出動何て愚の骨頂と言えよう。この道しかない、とどっかの首相が言っているが、その道とは借金する道なのだ。この根本的な誤りを転換しない限り、日本の再生は絶対見込めないだろう。