英国議員銃殺事件

こんなことがあって良いのか!前近代的な社会じゃあるまいし、ましてや民主政治が成熟しきっている英国での銃殺事件が起こりました。確かにEU離脱するか否かは、今後英国のみならず欧州全体に少なからず影響をもたらすことになるでしょうが、だからと言ってある程度影響力のある国会議員を撃ち殺せばことが済むなんてことはあり得ないことです。犯人は精神的に病んでいたらしい記事もありますが、これだけに留めてはなりません。与野党問わず、英国民の良心に照らしてこの問題を捉えていくべきです。