選挙妨害

都知事選挙真っ最中にもかかわらず、本日発売の週刊文春にて鳥越氏のスキャンダラスな記事が掲載されることとなった。もちろん当事者陣営は事実無根として、かなり息巻いており訴訟問題に発展する気配である。真偽はともかく、いくら表現の自由があろうとも、やはりこの時期に掲載するのはやり過ぎというより、悪意的な選挙妨害と見られても仕方あるまい。こうした報道がどう陣営に響くのか、余談の許さない状況だが、当人はこれをどう交わすのかも候補者としての資質が試されることになろう。