終戦記念日

一体いつからこの日を記念日というようになったのでしょうか。以前、高校の社会科の先生が8月15日は敗戦の日だ、何をもって記念日と言うのか理解に苦しむと言っていたことが思い出されます。仮に同じ過ちを繰り返さないということで明治以来から昭和20年までを検証したとき、どの時点での方向性が誤っていたのか、仮に時の政府や軍部がそのような方針を取らなければ、日本自体は安全で平和の日々を送ることが出来たのか、そんな総括をしてきたのでしょうか。食うか食われるか、そんなおぞましい世の中は金輪際あってはならない、不戦の誓いを唱えるならば、より一層世界に向かって発信していく必要があります。