党代表選挙

来月の15日に民進党代表選挙が実施されます。巷間、新聞などで誰がどうのこうのという記事が掲載されています。我が旧維新グループとして、やはり一致纏まって候補者を応援すべきという方針の下、本日お盆を挟んで久ぶりに意見交換をしました。民進党は決して旧民主党を受け継ぐものではなく、まったく新しい形で新党を立ち上げて政権交代を目指す、という基本路線を取らない限り、永遠に野党に甘んじてしまうという強い危機感があります。そのための代表選挙は大いに価値あるもとと受け止めております。独自候補の擁立も視野に入れながら、これから進んでいくことも確認しました。