党代表選挙スタート

昨日の夜遅く、同僚議員からあと2人まで漕ぎ着けたから何とか、という要請がありました。もちろん、玉木氏擁立に対するものです。今までの改革スピリッツを示す意味でも、旧維新グループから候補者を出すべきであると一貫して主張してきました。しかしそれが叶わないとなった以上、やはり第3の候補者を出して選挙を活気付けた方が良いと思っておりましたので、一つ返事で両諾したのがことの真相です。出たからには真剣勝負、後さき考えずに一点突破、玉木氏にそれを期待するしかありませんね。