子宮頸がんワクチンの是非

本会議終了後、第一議員会館の国際会議室にて、日本の医療と医薬品等の未来を考える会主催による第6回目の講演会に顔を出しました。今回は「子宮頸がんワクチン」について。初めての参加でしたので、この主催者からしてワクチン接種を進める主旨だな~、という先入観でした。しかし、講師役の北村唯一先生は、その逆でして、「少なくとも我が孫娘には絶対に打たせない」と断言されていました。私自身、我が娘の接種を拒んでいるものとして、胸をなでおろした一幕でもあり、これについては厚労委員会でも追求していく所存です。