膨らむ大会経費

多くの批判を一身に受けている森委員長の発言が現実的なものとなりました。東京大会に関する諸経費は、当初の7340億円から3兆円にも膨らむとしていましたが、この度の東京都都政改革本部の調査によって裏付けされたのですから…。それにしても、何故ここまで膨らんでしまうのか、その愚は既に新国立競技場でも立証済みではありませんか。予算委対して誰も責任を取ろうとしない体質、特に組織委員会なるものが戦犯であることは明白です。最終的には、オリンピック・パラリンピックにおけるコスト負担は国民に押し付けられます。いくら大会が華々しく開催されたところで、国民は納得するのでしょうか。