年金の強制徴収

今日のニュースを見て、さもありなんという印象でしたね。厚労省が来年度から国民年金保険料を払う能力によって、強制徴収の対象を広げるとあります。確かにあの消えた年金問題に端を発して、年金制度に対する不信や不満は鬱積しており、納付率もすでに60%を割り込んでいるとのこと。何とかしなければ年金制度そのものが破綻しかねない状況に陥ってしまうという危機感からでしょうか。国民による納付義務が税金並みにあるのか否か、これがしっかりしないから滞納が助長されてしまうかもしれない、国はこの点をもっと国民に明確にすべきです。