年金委員会

今臨時国会が始まって以来、年金改正が大きな課題として取り扱って参りました。本日の参議院で1本目の年金改正法案が可決成立して、無年金者64万人の方々に光が当たることになりました。年金保険料納付期間を10年間に短縮させて、年金受給を可能にするものです。一方、これからの法案はかなり揉めるものになる年金カット法案。我が党は既に破綻することが想定されるので、抜本的な形で見直すべきであることを主張しております。政府与党は都合の良い数値ばかりをあげて、大丈夫だと喧伝しておりますがまさに本末転倒。将来を見据えた提案をしっかりしていかねばなりません。