年金カット法案強行採決

いま片付けなければ、来年に禍根を残すことになる。そう思っているのでしょう、解散総選挙戦略に大きな影響が出てくるでしょうから、何とか今年中に決着をつけていきたいという思惑がかなり透けて見えます。それにしても安倍首相の答弁はスゴイ、都合が悪くなれば旧民主党政権を悪しざまに言って、その場を取り繕うとするのは聞き飽きました。将来世代に対して、しっかり責任を持たねばならない現政権がこうした論議から目をそらして、現状のまま引きづろうとすれば禍根を残すことは必至。何故、抜本的な見直しをするアクションを取らないのでしょうか。