カジノ法案強行

何でこんなにバタバタの中で押し通そうとするのかが、分からない状況となっております。確かに一度つぶれた法案を復活させてやるにはタイミングが必要だと思いますが、これでは自民党が維新に対して、何かしらのリップサービスを演じているとしか見えません。おそらく、公明党もしぶしぶついていくでしょうが、果たしてどれだけの経済波及効果があるのか、現時点でははっきり分からないのではないでしょうか。国民サイドからも、カジノと経済政策との関係について戸惑うような意見が噴出するのでは、何のためにやるのかが根本的に分からなくなってしまうことを危惧します。