配偶者控除見直し

控除枠を150万円にまで拡大して、お茶を濁そうとする案にまとまりそうですねえ~。そもそもこれを見直すことになったのは、女性の社会進出の促進が目的であったはずです。この視点からすれば、今回の見直しは中途半端は否めず、壁がすこし遠のくだけで、無くなるわけではないことをどう認識してるのでしょうか。依然として、130万円という社会保険料の壁もあります。これで女性の働き方が変わるのでしょうか、効果は疑わしいと言うしかありません。我が党は、本来的な観点からの案を提示していきます。