厚労省研究班なるもの

経産省が繊維統計について、過去のデータを使いまわしをしていた事実が発覚しました。全くもってこんな不正に対しては、断固として許すわけにはいきません。厳しく国会で責任を追及していく必要があります。ところで本日、厚生労働省が子宮頸がんワクチン接種について、非接種の女性も副反応と同様の症状を示すものがある、という見解を出しました。だから何なの?と言いたくなりますが、要はワクチン接種を国として認めてきた以上、それを積極的に奨励したい気持ちの表れでしょう。こんなことを公表すること自体ナンセンスだと思いますが、多くの誤解を招くことを平然と行う国には強い憤りを感じますね。