防衛大臣靖国参拝

安倍首相の真珠湾訪問の直後、一国の防衛大臣として正式?に靖国を参拝したとの報道がありました。なんでこんな時期に…、と思われた方も多くいらしたと思います。大臣は「忘恩の徒になりたくない」という思いで、居ても立ってもいられない心境だったのでしょうか。私も時折、靖国の前を通るときには合掌することもありますが、国会議員団みたいに徒党を組んで参拝したことはありません。大臣自身に、そんな気持ちを駆り立てる何か特別な体験や、お身内の中にお国の為に身命を捧げられた先達がいらしたのでしょうか。大臣のパフォーマンスとも受け取られかねない行動は、ちょっと違うのかなという気がしますが、如何に…。