改憲論議の年回りか

やはりこの一年は憲法改正を求める年になるのでしょうか。安倍首相もいみじくも、自党の年頭の挨拶でそれを深めるよう促しておりました。確かに、戦後70年以上経ったなかで依然としてなにも手つかずが健全な状態かと言われれば、それはそれなりに変えていかなければならないことも散見されてきます。野党としても単に反対するのではなく、やはり自らの考え方を具体的に示していくことが求められてくるでしょう。もっと党内論議を活発にすべき通常国会を迎えることとなります。