不都合な現実に照射

新聞の掲載記事を見て、改めて感じましたが、確かに団塊の世代全てが75歳以上、すなわち後期高齢者と言われる世代になるのが2025年以降。そして、65歳以上が減り始めるのが2040年以降になるようです。年齢構成から言って、やはり大変な時期はこの15年間、私も63歳~78歳のときがまさにこの時期でありまして、かつ後期高齢者の仲間入りをするようになるのです。現役世代に過度な負担をかけないよう、自助努力をもっとしていかねばならないと思います。しかし、どれだけの対象者がしっかりとした人生設計をもって臨んでいこうとしているのか、これはある意味自戒を込めて具体化していかねばなりません。