トランプ氏の行方

第45代大統領として颯爽として登場した、とは言い難い幕開けです。オバマ氏就任に比べても、かなり見劣りのする就任式になるようですし、多くのデモ隊が取り巻くような雰囲気すら伝わってきますね。アメリカ第一主義を掲げて、ナショナリズムを煽るのは戦術かも知れませんが、過ぎたるは及ばざるが如しと言うように、支持よりも不支持の方が10%以上も多い多難な船出となります。4%成長と強気な戦略を描きつつ、あくまで米国保護主義を貫くようでは、その達成はそもそも困難であると言っているようなものです。共和党はブッシュ氏にも見られたように、経済優先とするので環境保全は二の次になってしまうことも懸念されます。その一方で、我が国日本の方向性をしっかり示さなけばなりません。