TPP離脱

華々しい就任式とは裏腹に、かなりエゲツない大統領令を発したものですね。偉大な米国と讃え乍らも、従来路線を否定する姿に多くの米国人でさえ、戸惑っていることでしょう。これからどれだけ、世界が彼に振り回されるのかは留まるところ知らずでは目も当てられないでしょう。私たち野党が指摘していたように、昨年の臨時国会で強行採決に及んだTPP関連法案、結局は徒労に終わりました。TPP合意は全て無効、これからはそれ以上の要求が突き付けられる気配が漂います。しっかり我が国の軸を定めていくことは必至となりましょう。