働き方改革と言えども

これでは我が党の代表質問でも指摘していた通り、口先だけの働き方改革になってしまいかねませんね。すでに継続案件として国会に上げられている「高度プロフェッショナル制度の創設」は、働いた時間ではなく成果で決めようとするもの。当然残業代はゼロになるわけですので、「残業代ゼロ法案」と呼ばれてしまう所以です。ところが一方、安倍首相は今国会中に「長時間労働を規制する」法案も出すと言っております。おいおい、一体政府はどっちを向いているんだい、と言われてしまいますよ。