節分まめまき

日本の伝統行事である節分祭が、各地域で行われました。戸塚区では某神社境内において、氏子関係者だけが集まって神主の下での神事を行いつつ、細やか乍らの豆まきを行いました。また泉区では、年男(残念ながら、年女は含まれませんでしたが)が舞台に上がって、景品が付いた札の入っている豆袋を周囲の人たちに巻くこともしておりました。豆まきといっても、いろいろなパターンがあって、良い経験になりました。自分が豆を撒けるのは随分先になりますが、いずれにしても多くの方々の無病息災を祈りましょう!