木質バイオマス視察

党エネルギー環境調査会として、岡山県真庭市を訪問しました。当地は木質バイオマスを自然体で扱っている、もっとも端的なモデルケースでして、多くの注目を集めております。「里山資本主義」という著書にも、銘建工業の中島社長(右側のマイクをもった方)が取り上げられており、まさに先駆的に地域エネルギー供給を行ってこられました。これからの我が国のあり方を問う、エネルギー政策を垣間見ることが出来ると思います。