やはりおかしい、森友学園

追求すればするほど、出てくる埃。今までは土地の売買を巡って、国の過分な配慮が問題視されてきておりました。何故、こうまでして一学園に対して、便宜を図ったのか、まだまだ厚いベールに包まれているので解明しなければなりません。それにも増して、新たに建設費を巡って大阪府側と国交省側に対する報告内容がまるっきり異なっており、それを鵜呑みにした国交省が補助金を払っていた事実も明らかになりました。国交省のゴミ見積りもいい加減、しっかり回収工事が行われていたかついても何も検証せず、ましてや補助金交付についてもこの有り様。一体どんな力が国交省や財務省に働いたのでしょう、益々釈然としない事実ばかりが露呈しております。