あれから6年

いろいろな思いを引きずったまま、早6年が経過しました。そう東日本大震災です。やはり人間の弛まない努力は流石で、かなり復興を遂げて進んでいるものもあります。しかし相変わらず計画通りに進まず、何しろ活気を取り戻すことはそんな生易しいものではないので、四苦八苦されている地域もあるようです。また福島に至っては、徐々に解除されている区域があるものの、地元にはもう戻れない事業を抱えている方々も沢山いらっしゃいます。一瞬に起こった自然災害と原発の事故がこれほどまで影響をもたらしている、私たちはここから何を感じ、そして学び取っていくべきか永遠のテーマなのです。