証人喚問

籠池氏は見た目には堂々として、滔々と語っていたという感がしました。手慣れたもので、偽証罪に問われることを承知の上での発言でしたので、かなり新鮮な気持ちで聞けたかと思います。ただ、昭恵夫人を巡っての金銭のやり取りや、謝礼のやり取りについては、相手があり密室での出来事ですので、やはり水掛け論になってしまいましょう。何しろ問題の本質は、誰がどのような形で財務省や国交省、大阪府などに働きかけたか、それを受けた責任者がどういった形で判断したのかが問われるものです。もっと真相究明に与野党問わず、しっかり取り計らってもらいましょう。