自殺総合対策大綱

本日厚労省は、これの見直しに関して大綱を有識者会議に示したとか。いろいろな取り組みの成果なのか、経済状況によって左右されるのか、いろいろな拝見がありますが、確かに7年連続で減少してきているのは喜ばしいことでしょう。しかし依然としてこの数、2万1897人。これだけの自殺者を抱える我が国、今俎上に上げられている過労自殺を問うならば、やはり長時間労働規制を一刻も早くやるべきです。政府の問題意識が行ったり来たりしているうちに、犠牲者が増え続けることになりますよ。