TPP11

アメリカ抜きでTPPを発効させようと、この度も5日間のスケジュールで11の国々が集まったようです。結果として何ら結論めいたものが見いだせずに閉会したとあります。日本にとって、これを進めることによってアメリカ自身を翻意させることにつながるとか、仮にアメリカとの二国間貿易交渉に臨んだ際にも、TPPにおいて取り決めた線で交渉できるとか、そんな思惑でしょうか…。そもそも交渉は自国産品をいかに相手国に買ってもらえるか、それも有利な条件で…。価格、数量、そして潜在的な需要の広がりも関心事です。3億人以上の人口と国民所得が高位のアメリカ抜きでのTPPの効果は、かなり限定的と言わざるを得ません。