五輪・費用負担問題

黒岩知事始め3知事がこぞって首相に直談判に及んだニュースが報道されておりました。それもそのはず、東京都が各周辺自治体において、五輪の各競技種目開催についての協力を求めてきた経緯からして、その会場設置及び運営補助を行うことを約束してきたものでした。しかし一向に小池知事がその方向性をしっかり示さないため、やむを得ずこうした事態に発展したということですから、かなり尾を引いていると言わざるを得ませんね。そもそも負担責任が一体どこにあるのか、都か国か組織委員会か、未だにこの関係もすっきりしているものではありません。やはり国のリーダーシップが不可欠でしょう。