北朝鮮ミサイル発射

どんな意図があっての講堂でしょうか。折しも、南北融和を求めたい韓国大統領が選出されたばかり。また北京では中国主催による「一帯一路」政策を進めようと、多くの首脳クラスが集まって会議をしている最中です。安易な妥協はしないというメッセージにも受け取れますが、こうしたある意味腹をくくっているような国家を相手に、暴発させてはならないと関係国は対話路線を取らざるを得ないことを、かの国は見越しているのでしょうか。それにしても南北の関係がどのような展開を見せるのか…、韓国自体、日米との距離感についてもその手腕が試されることになりましょう。