法相不信任決議案

金田さんという大臣を直接知っているわけではありませんが、一連の国会答弁を聞く限りでは、かなりマズいなという感が漂ってくる、そんな雰囲気のある方とお見受けします。もちろん現場にいる野党議員の方が、それを肌で感じているでしょうから、今回こうした形で採決を延ばす手法も含め不信任決議案を出さざるを得なかったのでした。ひな壇にて、野党サイドの主張をじっと聞き耐えなければならない心境はいかばかり。多少なりとも反省しているのか、いや、俺は何も悪びれるところなど一つもない、と開き直っているのか…。