組織犯罪処罰法一部改正案

日中、マンチェスター市内で自爆テロがあったという報道でした。被害に遇われてしまった方々に心からお見舞い並びに、哀悼の誠を捧げたいと存じます。ところで、そんな中国会では共謀罪なるものを盛り込んだ法改正が衆議院で可決されてしまいました。政府は「テロ等準備罪を創設する」などと言っておりますが、そもそもテロを防止するための法改正で無いにも拘わらずです。おそらく多くの国民から見れば、この法改正は意味の分からないものでしょう。何となくという雰囲気が後々様々な面での禍根を残しかねない、そんな危険性があることはしっかり記憶に留めてもらう必要があります。参議院では、また違った角度からの追求が不可欠となります。