在宅医療の課題

在宅医療の充実に向けて本腰を上げてから早10年が経ちました。これは在宅介護との歩調を併せながら、何とか住み慣れた家において適切な介護や医療を受けることが出来るようにサービスを幅広く展開しましょうという、趣旨だったと思われます。しかし他方では、こうした患者さんのニーズが一層高まっているものの、提供する側の人材の確保や効率的な医療提供がままならず、なかなか思うように進まないジレンマも生じております。確かに、24時間365日対応というのは、それ相当の環境整備を図っていかなければならないテーマだと思われます。もちろん診療報酬体系のあり方も追求していかねばなりません。まだ調査中だとのことでしたが、しっかりと事実経過を把握した改善策が求められてくるでしょう。