民泊法なるもの

この度、新たな形で受け皿作りが完成しました。既に簡易宿泊施設として、一定の要件を満たせばこうした形態もある程度みとめられており、仲介する業者もかなりの数に上っておりました。しかし従来の旅館業法では枠にはめることが出来ない違法な業も増えてきたため、住宅宿泊事業法が出来上がったのです。これによって新たなルールが設定されましたが、いかんせん、新たな「ヤミ民泊」がはびこらないようチェックもしなければなりません。ところで一方、旅館業法も本来ここで改正すべきでしたが、議論だけして、今国会中で通さないという不具合が見られます。これは政府与党サイドの責任感の欠如と言えるでしょう。