通常国会閉幕

こんなに後味の悪い国会は初めてでした。官邸サイドから、閉じろ閉じろと言わんばかりの圧力が相当かかっていると、与党サイドからため息が聴かれるほど、延長しないことにこだわった今通常国会。これ以上傷口を広げることを恐れているのか、本日の参議院予算委員会で幕引きを狙った感が溢れるものとなりました。その予算委員会も、また酷い内容。文科省の再調査と内閣府の調査とは、正反対の結果を出してきました。特に肝心な「総理のご意向」の発信者である内閣府は、相変わらずそんな文書は存在しないとし、挙句の果てには文科省の出向者が勝手に作成したものだと責任を転嫁。おいおい、それはないだろう、と聞いているサイドから怒号も飛び出す始末。これで疑惑が貼れたなんて、まったもってナンセンスなことです。閉会中でも、勇気ある決起を促していくべきでしょう。