市場移転問題

豊洲に一旦移して、5年後をめどに築地も改修して戻りたい業者は戻っても良いということを決めたとあります。そもそも、この移転問題の発端は何だったのか?豊洲の安全性に疑問符がつけられたことについて、時代をひっくり返してその決定過程につき石原氏はじめ関係者を百条委員会にかけました。偽証罪で告発するものもいたくらいでしたが、問題の本質はまさに安全性をクリアできるならば、ここまで騒がなくても良かった感もします。折衷案もまだまだ前途多難のような気がしてなりませんね。