憲法第53条

これは衆参どちらかの4分の1の要求を受けて、内閣は臨時国会の召集を決定しなけばならないと、憲法上規定されています。ただ招集日は内閣の判断に委ねられておりますので、過去37回の要求のうち、2003年、05年、そして15年は召集が見送られたこともありました。果たして今回の要求について、どんな対応するかは見ものでしょう。この要求にも答えない、ましてや閉会中審査にも応じない、ないないづくしなら、やはり疑惑隠しを名実ともに認めることになりましょう。ここは真摯に受け止めて、しっかり対応しなければいけませんよ。