棋界の救世主

確かに表題にあるような明るい話題ですね。弱冠中学3年生の14歳ながら、数々の強敵を負かして、新記録を樹立した藤井4段。もちろんこれだけ世間が注目すると、対戦相手もやりづらかったでしょうが、見事にプレッシャーを跳ね返しての29連勝を飾りました。昨今のAIの発達による、プロ棋士の存在感が相対的に低下しておりましたし、将棋連盟を揺るがしたあの騒動も一応決着したばかりでしたので、藤井4段の存在はひときわ際立ったものでした。抜かれた神谷8段の言葉、「凡人がほぼ運だけで作った記録を、天才が実力で抜いた」。先輩諸氏たちにまみれて、いろいろな苦労が伴ってくると思われますが、さらなる成長を期待しましょう。