下村氏直撃

今日発売の週刊誌によりますと、下村・自民党都連会長が現職文科大臣のときにパーティー券200万円分を加計学園の関係者に購入してもらった経過があったとか。まさに都議選の後半戦のこのタイミングで、こうした記事は一層のダメージをもたらすものとして注目されております。もちろん本人は真っ向から否定しております。ところで直接的な関与は無いかも知れませんが、しかし加計学園事務局長さんを通じて、その周辺11人に20万円以下の献金をしてもらった事実をどう説明するのでしょうか。萩生田副長官といい、今回の下村氏といい、やはり一定以上加計理事長さんとの関係についての不透明さを払拭できない限り、なかなか国民は納得しないでしょう。